専門家が解説!「石けん」を読み解く4つのルール【優しい洗顔料を選ぶための基礎知識】

洗顔
専門家が解説!「石けん」を読み解く4つのルール【優しい洗顔料を選ぶための基礎知識】

#石けん #洗顔料 #石鹸

こんにちは、かずのすけです。

今日は以前アップした
▶ラウリル&ラウレスの違い、アミノ酸系洗浄剤の注意点など…【洗浄成分】の洗浄力・選び方を徹底解説!

ラウリル&ラウレスの違いって?アミノ酸系って良いの?【洗浄成分】の洗浄力・特徴・選び方を徹底解説!

の中でさらっと流した「石けん」について、その成分の読み方を解説しています。

「石けん」という成分は現在では主に「洗顔料」や「ボディソープ」の主成分としてとても頻繁に利用されているものです。

しかし、実はその成分の書き方にはいくつかのパターンがあり、
中には成分を見ればすぐに「石けん」と分かるものもあれば、
一方で初心者の方が見ると、一見それが石けんとは分からないような成分表記の仕方もあります。

現在ではほぼ市販の洗顔料等の8~9割程度が石けん系の洗浄剤になっていると言っても過言ではないのですが、

場合によっては肌質如何では石けんがあまりお肌に合わない方もいらっしゃるので
その製品が「石けん」とは知らずに購入してしまう…というケースも考えられます。

逆に、良い石けんを探しているのに成分から読み取れずに見逃してしまうというケースもあるでしょう。

石けんの成分の書き方を知っておけばそのようなトラブルを回避することができます。

また、自分の使用している洗顔料が石けんなのかそうでないのかも分からず使っていると、
うまく使いこなせずに肌トラブルの引き金になってしまうこともあるかもしれません。

今回の動画では、ご自分の利用している洗顔料を見ながら、
「これは石けんなのかな?」等と考えながらご覧頂けると嬉しいです!

<目次>
0:23 石けんの成分と種類について
1:47 「ソーダ石鹸」「カリ石鹸」「カリ含有石鹸」の違い
2:44 石鹸の成分表記パターン①そのまま記載
3:34 石鹸の成分表記パターン②反応した後の成分名で記載
5:04 石鹸の成分表記パターン③脂肪酸とアルカリ剤に分けて記載
7:34 石鹸の成分表記パターン④油脂とアルカリ剤に分けて記載
9:09 肌に優しい石鹸を見分けるには?(次回予告)

アメブロ『かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき』
https://ameblo.jp/rik01194

Twitterでも美容情報発信中!

かずのすけプロデュース化粧品【CeraLabo】
https://cores-ec.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました